2009年06月24日

一喜一憂。

って言葉がピッタリな感じ。
みうに元気があれば喜び、ないと憂鬱になる。
輸液を1日してないからか、ちょっと眠りモードが多いみうやった。


でも今日は輸液に行く日。
今、月水金日と週に4回通ってるけども自宅でするかどうかを未だに悩みちゅ。

薦められてるのは皮下にカテーテルを通して、そこに毎日100ccを注入するって方法。
ネットで見たブログ様で自宅で輸液をやってる方は多いんだけどカテーテルを入れて・・・ってのがない。
大体が点滴とか直接注射するとかそんなのばかり。
何故、カテーテル通してる子がいないんだろう・・・
新しすぎるのか・・・??


まぁ、その時は「カテーテル」って言葉を知らなかったからなんだけど〜
いろいろ調べてやっと「皮下留置カテーテル」って言葉を見つけたの
とにかくどんな感じなのかがわからん事は出来んしさー
ずうずうしくも「同じ治療してる猫に会いたい」とまで先生に言ってみたが却下され(笑)
(みうのためなら何でもできるもんだw)

調べに調べてやっと見つけた。
見た目はやっぱり、痛々しい感じがするんだよねぇ
でも通院のストレスは無くなるだろーし。
痛々しくても少しでも体調宜しく過ごせるならそれもアリ。

何より、安く済んだりもする(笑)
今は、通院だし週4回×4週として16回でしょ
かかる費用は32,000円也。
それに腎臓サポート用のご飯。

まーご飯はね、
今までもそれなりの値段のだから大して変わらんけどさー
ホラ、バニラ結石持ちやからさ

で、その輸液代が
自宅ですれば4分の1位に減らせるのだっ

長い付き合いになるなら、断然お得。
みうも出歩かなくてすむ。
これだけ考えるとこっちやなー!って思うけど体内に異物・・とかって考えるといかんわw

でもちょっとでも長生き=長い付き合い=安く済ませる
ってのがベストなんだろな〜
金持ちじゃないからなー(笑)


それするには、せんせの協力もいるから今晩あたり相談してみよっと。


posted by うなこ at 15:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 慢性腎不全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
http://www14.atwiki.jp/jinzonuko/
もうここは見てるかもだけど・・

皮下留置カテーテル、見た目痛々しいけど、
病院へ行くストレスと比べるとどっちがいいんだろうって思いますね。
うちの場合、穂波と千歳なら病院へ通えるけど、
小雪は大人しく処置するのむりなのでカテーテルいれてもらう事になると思います。
Posted by yuco at 2009年06月25日 13:33
yucoさん>

うん、そこ見てるー
まだエントリーしてないけど、カテーテル入れました。
輸液の量も増やせるし、いろいろ考えて決めました。
確かに痛々しいのが可哀想・・・
Posted by うなこ@管理人 at 2009年06月28日 16:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。